片刃石斧 かたばさきふ

考古資料 / 縄文 / 新潟県 

出土地:新潟県魚沼市大石字庄司平遺跡出土
縄文時代(草創期)・前11000~前7000年
石製(頁岩)
17.2×52.0×31.0mm
1個

片刃石斧は縦の断面形が左右非対称の形をしており、刃先と柄がほぼ直交する横斧(手斧(ちょうな))と考えられています。本例は神(み)子(こ)柴(しば)型(がた)石斧と呼んでいるもので、旧石器時代終末から縄文時代初頭に作られた石器です。打製のものと刃の周辺を磨くものとがあります。(20110802_平・考)

作品所在地の地図

関連リンク

片刃石斧チェックした作品をもとに関連する作品を探す

抉入柱状片刃石斧
彫器ほか
トロトロ石器
石刀
樽岸出土の石器
ページトップへ