椀残欠 わんざんけつ

その他の画像全10枚中10枚表示

金工 / 平安 / 岩手県 

出土地:岩手県平泉町 金鶏山経塚出土
平安時代・12世紀
木製漆塗
① 高6.2 底径7.4 ; ② 高6.5 底径7.4
2個

高台から口縁にかけてゆるやかに湾曲し、胴部下方に隆線が横位に一条めぐる漆塗りの椀。金鶏山は平泉遺跡のほぼ中央に位置し、北西に中尊寺、南に毛越寺、東に藤原氏の居館である柳之御所遺跡など見渡すことができる。山麓や山頂に20基程度の経塚が存在したとされる。

作品所在地の地図

関連リンク

椀残欠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金鶏山
柳之御所・平泉遺跡群
渥美 灰釉壷(伝 一本松経塚出土)
銅王子形水瓶
土製皿
ページトップへ