文化遺産オンライン

青磁草花文硯屏

せいじそうかもんけんびょう

作品概要

青磁草花文硯屏

せいじそうかもんけんびょう

陶磁 / / 中国

龍泉窯

制作地:中国

明時代・16~17世紀

磁質

高13.7 幅12.7 奥4.6 重679

1基

硯屏とは硯の側に立て、風による塵などを防ぐ小さな衝立(ついたて)をいう。片面に陽刻で草花文をあらわし、反対面に筒状の筆立てが二本ある。若草色の釉色は、明時代後期の龍泉窯青磁の特徴を示している。書家青山杉雨(さんう)(1912~1993)の旧蔵品。

青磁草花文硯屏をもっと見る

龍泉窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

青磁 / 龍泉 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索