文化遺産オンライン

青花玉取獅子文墨床

せいかたまとりししもんぼくしょう

作品概要

青花玉取獅子文墨床

せいかたまとりししもんぼくしょう

陶磁 /

景徳鎮窯

明時代・16~17世紀

磁質

高4.2 縦6.4 横10.3

1個

墨床とはすりかけの墨をのせおく文房具のことで、墨台ともいう。長側面に玉取り獅子文と鳳凰(ほうおう)文、短側面には藍地に白抜きで兎文が青花(せいか)(染付(そめつけ))で描かれている。中国明時代後期の景徳鎮民窯の製品である。書家青山杉雨(さんう)(1912~1993)の旧蔵品。

青花玉取獅子文墨床をもっと見る

景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Ming / / 鎮窯

関連作品

チェックした関連作品の検索