金箔軒平瓦 きんぱくのきひらがわら

考古資料 / 江戸 / 東京都 

出土地:東京都港区 鹿児島藩上屋敷跡出土
江戸時代・17世紀
1個

金箔瓦が最初に葺かれたのは織田信長の安土城で、安土・桃山時代に、大名の権力を示すものとして、各地で使われました。江戸時代初期にも、有力な大名屋敷には金箔瓦が葺かれましたが、幕府が強大な権力を確立するとすぐに使われなくなりました。

作品所在地の地図

関連リンク

金箔軒平瓦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

安土城跡出土金箔瓦
史跡岐阜城跡(織田信長居館跡)出土金箔飾り瓦
素弁蓮華文軒丸瓦
豊臣期金箔押沢瀉文方形飾瓦
豊臣期金箔押桐文方形飾瓦
ページトップへ