文化遺産オンライン

玉ハビル(首飾)

たまはびる(くびかざり)

作品概要

玉ハビル(首飾)

たまはびる(くびかざり)

奄美大島

第二尚氏時代・19世紀

水晶製、ガラス製

1連

玉ハビルという名がつくが、ハビル(蝶)にあたる飾りはついていないのでガワルダマという念珠であろう。水晶製の念珠は高位のノロ(神女)が身につけるものであるといわれる。玉は呪力をもつものとして、ノロにとってはとりわけ大切なものであった。

玉ハビル(首飾)をもっと見る

奄美大島をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

ノロ / / ハビル /

関連作品

チェックした関連作品の検索