文化遺産オンライン

孔雀図

くじゃくず

作品概要

孔雀図

くじゃくず

絵画 / 江戸

岡本豊彦筆

江戸時代・19世紀

絹本墨画

縦111.2 横42.4

1幅

豊彦は、備前国(岡山県)出身の江戸時代後期の画家で、呉春に師事し、松村景文とともに四条派の双璧として活躍しました。岩にとまり羽をつくろう孔雀は画面からはみ出すほどで、その大きさが強調されています。岩や羽の墨線に四条派の特徴をみることができます。(びぜん ごしゅん まつむらけいぶん)

孔雀図をもっと見る

岡本豊彦筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索