文化遺産オンライン

万延大判

まんえんおおばん

作品概要

万延大判

まんえんおおばん

金工 / 江戸

江戸時代・万延元年~文久2年(1860~62)

金 鍛造

1枚

江戸時代17~19世紀のうちに、何度か新しい貨幣が製造された。この大判は江戸時代も末期の1860~62年ころに新しく作られたもので、すでに疲弊していた幕府の台所事情を反映してか、サイズも小さく重さも軽くなっている。

万延大判をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

万延 / / Gold / Forged

関連作品

チェックした関連作品の検索