臨蘭亭序扇面 りんらんていじょせんめん

 /  / 中国 

呉熙載筆
制作地:中国
清時代・19世紀
金箋本墨書
18.0×52.3
1枚

「此の地、崇山峻嶺(すうざんしゅんれい)、茂林脩竹(もりんしゅうちく)有り、又た清流激湍(せいりゅうげきたん)有りて、左右に映帯(えいたい)す」から「信(まこと)に楽しむ可きなり」まで、蘭亭での詩会の状況を描写した段落を揮毫しています。呉熙載【ごきさい】は、包世臣【ほうせいしん】の門下に学び、詩文・書画・篆刻に長じました。行草書では、包世臣の書法を忠実に守りました。  
(2005/03/29_t082, 2006/08/01_t082, 2008/03/04_t082)"

作品所在地の地図

関連リンク

  • ,臨蘭亭序扇面,呉熙載筆" />

臨蘭亭序扇面チェックした作品をもとに関連する作品を探す

包世臣先生図軸
包世臣先生図軸

呉熙載筆

楷書七言聯
楷書七言聯

宣統帝筆

楷書嬌舞倚床図便面賦軸
篆書張茂先励志詩四屏
臨王羲之思想帖軸
ページトップへ