春冬花鳥 春 しゅんとうかちょうず はる

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 明治 

西郷孤月筆
明治30年(1897)
絹本着色
73×138.7
1幅

春は梅に鵯(ひよどり)の番(つがい)を、冬は雪持ちの柳を描く。四季花鳥画として制作されたもので、夏秋の二幅は東京芸術大学所蔵である。孤月は、橋本雅邦(はしもとがほう)に学び、本作品でも筆法と濃淡の調子にその成果があらわれているが、画面からは孤月独特の物悲しい情趣が感じられる。

作品所在地の地図

関連リンク

春冬花鳥 春チェックした作品をもとに関連する作品を探す

溪村春麓図
溪村春麓図

川合玉堂

四季花鳥
四季花鳥

西郷孤月

山水図
四季花鳥
四季花鳥

西郷孤月

児童文殊図
児童文殊図

橋本静水

ページトップへ