文化遺産オンライン

果蔬図

かそず

作品概要

果蔬図

かそず

絵画 / 江戸

田村宗立筆

江戸時代・元治元年(1864)

紙本着色

31.0×111.3

1枚

銘文:宗立 ; 朱文方印「十方明宗立」 ; 元治元■逢困■林鐘 於王城中心六角堂中能満■■■■ ;

 筆者は、京都で浅井忠に先立ち洋画普及の礎を築いた画家。明治13年、京都府画学校創立に携わり、のち西宗@せいしゅう@(西洋画科)2代目教員に任命された。幕末期、19歳時の作品で、独学による陰影法によって、対象を本物らしく表そうと腐心する画家の様子がよく窺われる。

果蔬図をもっと見る

田村宗立筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

洋画 / / フランス / 黒田

関連作品

チェックした関連作品の検索