文化遺産オンライン

龍王図

リュウオウズ

作品概要

龍王図

リュウオウズ

絵画

縦:153.6cm 横:50cm

1幅

田村月樵(宗立:そうりゅう、とも:1846~1918)は、現在の京都府園部の近郊に生れた。文人画から洋画、そして日本画へと画風を変えたことで知られる。本図は、顔の部分に洋風陰影法を用いて、一風変った仏画に仕上った。画面の周囲もすべて、月樵の筆で描かれている。

龍王図をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 京都 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索