骨董舗図(模本) こっとうほず

絵画 / 江戸 

模者不詳、原本:伝劉松年筆
江戸時代・19世紀
紙本墨画淡彩
1幅

江戸時代の木挽【こびき】町狩野派に伝来した模本。中国の文人が愛蔵の青銅器を観賞する場面を描いたものですが、日本では画の意味が誤解され「骨董舗図」と呼ばれました。原本は南宋・13世紀に活躍した劉松年筆と伝わっていますが、実際は明・15~16世紀の作品と考えられます。(川村佳男氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

骨董舗図(模本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

虎渓三笑図(模本)
虎渓三笑図(模本)

狩野雅信模、原本:劉俊筆

春暁牧牛図(模本)
春暁牧牛図(模本)

狩野晴川院養信摸、原本:伝戴嵩筆

山水図
山水図

伝狩野正信筆

林檎図(模写)
林檎図(模写)

筆者不詳、原本:伝李迪筆

羅漢図(模本)
羅漢図(模本)

橋本典邦(栄喜)、竹澤惟房(養渓)、義文、石川惟友、早瀬圓筑、狩野〈伊川院〉栄信、狩野〈晴川院〉養信模  原本:伝禅月筆

ページトップへ