文化遺産オンライン

日向市美々津(港町 宮崎)

ひゅうがし みみつ(みなとまち みやざき)

作品概要

日向市美々津(港町 宮崎)

ひゅうがし みみつ(みなとまち みやざき)

港町 / 江戸 / 宮崎県

日向市の南端に位置し、日向灘に面する港町で、古くは神武天皇東征の海路の出発点という伝説がある。江戸時代には瀬戸内や近畿地方からの玄関口として、廻船業を中心に、美々津千軒といわれるほどの繁栄をみた。江戸末期の妻入・本瓦葺・大壁造の町家、明治期の平入・瓦葺でむしこ窓や格子構えの町家が軒を連ねた町並で、地割もよく旧態を保持している。

関連作品

チェックした関連作品の検索