文化遺産オンライン

古今伝授書

こきんでんじゅしょ

作品概要

古今伝授書

こきんでんじゅしょ

/ 室町

東常縁筆

室町時代・文明4年(1472)

紙本墨書

1幅

常縁は千葉氏の一族で,室町時代における武家の故実(こじつ)家です。文芸が得意な人でした。この書は「古今和歌集」解釈の奥義に関する秘事口伝である「古今伝授」について,文明4年8月7日飯尾宗祇(いいおそうぎ)の要望に答えて授けたことを示します。常縁72歳の筆です。

古今伝授書をもっと見る

東常縁筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古今 / 和歌集 / 実隆 / 三条西

関連作品

チェックした関連作品の検索