蝦夷紋別首長東武画像 えぞもんべつしゅうちょうとうぶがぞう

絵画 / 江戸 

蠣崎波響筆
江戸時代・天明3年(1783)
紙本着色
164.8×91.5
1幅

波響は江戸で南蘋派の建部凌岱(たけべりょうたい)や宋紫石(そうしせき)に学び、北海道・松前藩の要職に携わりつつ作品を制作した。本作は「波響」の落款のある最も早い例で、波響20歳の作。写実的な表現でシントコ(漆塗りの木製容器)に腰を下ろし、右腕に鍬形を抱えるアイヌの男性を描く。

作品所在地の地図

関連リンク

蝦夷紋別首長東武画像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釈迦涅槃図蠣崎波響筆
夷酋列像粉本
夷酋列像粉本

蠣崎波響

シントコ(行器)
シントコ(行器)

北海道アイヌ(厚岸)

聯珠争光図
聯珠争光図

宋紫石筆

仏涅槃図
仏涅槃図

陸信忠筆

ページトップへ