文化遺産オンライン

鉄弓

てっきゅう 

作品概要

鉄弓

てっきゅう 

その他 / 江戸

青木清秀

江戸時代・19世紀

鉄製

総長143.5

1張

銘文:銘 筑後国青木近江介原青秀

弓としては珍しく鉄製のもので、通常の竹や木の弓と同様に、全体を撓めて弦を張ることができ弾力性がある。作者の青木清秀は、筑後国(現在の福岡県南部)久留米の刀工で、文化4年(1807)から嘉永2年(1849)までの作品があることが知られている。
たわ(めて)

鉄弓をもっと見る

青木清秀をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

青木 / 刀工 / / 矢部川

関連作品

チェックした関連作品の検索