文化遺産オンライン

書状

しょじょう

作品概要

書状

しょじょう

/ 明治

岡倉天心筆

明治33年(1900)

紙本墨書

1巻

明治33年に帝室博物館が発足した際に、天心がその運営に関する意見を友人矢野文雄(龍渓)に書き送った書状。文化財収集の方針、博物館の機能分担、美術教育や学術研究機能の充実、外国の事例の調査など、現代の博物館運営に通じる卓見が見られる。

岡倉天心はフェノロサに哲学・美学を学び、その日本美術研究に協力して各地の寺院・神社調査に同行した。東京美術学校や帝国博物館の要職に任じられるが内紛のため辞職、日本美術院を創設し、その後渡米してボストン美術館の東洋部長を務めた。

書状をもっと見る

岡倉天心筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天心 / 岡倉 / 学校 / 美術

関連作品

チェックした関連作品の検索