文化遺産オンライン

縁先美人図

えんさきびじんず

作品概要

縁先美人図

えんさきびじんず

絵画 / 江戸

筆者不詳

江戸時代・17世紀

紙本着色

41.8×19.4(修理後)

1幅

金箔の用いられた豪華な着物に身を包み、縁先に立つ美人は、遠く左の方を見やっている。実は、夜中に山を越えて別の女のもとに通う夫を送り出し、その身を案じて縁先で和歌を詠む『伊勢物語』「河内越(かわ・ち・ごえ)」段の女性を描いた見立絵と考えられる。

縁先美人図をもっと見る

筆者不詳をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

伊勢物語 / 描く / 美人 /

関連作品

チェックした関連作品の検索