北野天神縁起絵巻(乙巻) きたのてんじんえんぎえまき おつのまき

その他の画像全7枚中7枚表示

絵画 / 鎌倉 

鎌倉時代・13世紀
紙本着色
29.6x283.9
1巻
重要文化財

京都・北野天満宮の草創を描く絵巻。北野天満宮は、死後怨霊になったとされる菅原道真*すがわらのみちざね*をまつる社で、道真は「天神」として、農耕や学問の神として多くの人々の崇敬を受けた。この絵巻は鎌倉時代中期に作られた弘安本というバージョンから分かれた絵巻。

作品所在地の地図

関連リンク

北野天神縁起絵巻(乙巻)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北野天神縁起絵巻(甲巻)
北野天神縁起絵巻
北野天神縁起絵巻断簡
北野天神縁起絵巻
北野天神縁起絵巻断簡
ページトップへ