北野天神縁起絵巻断簡 きたのてんじんえんぎえまきだんかん

絵画 / 鎌倉 

鎌倉時代・14世紀
紙本着色
42.1x55.1
1幅

北野天神縁起絵巻の中の「柘榴天神」と呼ばれる段。恨みのある藤原時平を呪い殺そうとする菅原道真の亡霊に対し、天台座主尊意が仏教の力で守ります。それに怒った道真が柘榴を口に含んで吐くと炎になり、尊意が灑水の印を結んでそれを消すという話です。
ざくろてんじん、ふじわらのときひら、すがわらのみちざね、ぼうれい、てんだいざす、そんいそうじょう、しゃすい

作品所在地の地図

関連リンク

北野天神縁起絵巻断簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北野天神縁起絵巻(甲巻)
北野天神縁起絵巻(乙巻)
北野天神縁起絵巻断簡
北野天神縁起絵巻
北野天神縁起絵巻
ページトップへ