文化遺産オンライン

群集横穴図

ぐんしゅうよこあなず

作品概要

群集横穴図

ぐんしゅうよこあなず

考古資料 / 大正

二世 五姓田芳柳筆

制作地:現地:埼玉県比企郡吉見町北吉見 吉見横穴

大正2年(1913)頃

141×203cm

1面

H・シーボルト(1852~1908)やE・モースが訪れ、坪井正五郎(1863~1913)の調査と穴居論争の舞台となった。当時の写真と比較すると建物が省かれるなど、理想化されている。陳列室で遺跡の臨場感を示すために、4枚の古墳図と共に大正2年に購入された。

群集横穴図をもっと見る

二世 五姓田芳柳筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

吉見 / 横穴 / / 比企

関連作品

チェックした関連作品の検索