暴露石槨図 ばくろせっかくず

考古資料 / 大正 

長原孝太郎筆
制作地:現地:滋賀県蒲生郡竜王町山面 山面古墳
大正5年(1916)頃
141×264cm
1面

刊行年が近い『日本歴史図録』(大正6年)には、同じ構図の遺跡写真が掲載されているが、同一画面に石槨の2方向(側面・正面)が描かれる点は遺構図として石積構造の理解を助ける。洋画家特有の表現と正面図の茶・黒二重の枠線には画家のこだわりが感じられる。

作品所在地の地図

関連リンク

暴露石槨図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

貝塚図
貝塚図

長原孝太郎筆

濃尾大演習
濃尾大演習

長原孝太郎筆

群集横穴図
群集横穴図

二世 五姓田芳柳筆

出雲国塩冶村古墳石槨石棺図
牛肉屋の二階
牛肉屋の二階

長原孝太郎

ページトップへ