文化遺産オンライン

太刀

たち

作品概要

太刀

たち

その他 / 鎌倉

尻懸則長

鎌倉時代・13~14世紀

1口

銘文:銘 大和則長作

 大和尻懸派の則長は、鎌倉時代末期の刀工で、大和鍛冶の手掻包永などと作風が近似する。包永に比較して刃文に小互の目が連続する特徴があり、この太刀はその特色を顕著に示している。明治18年に奈良の談山神社から明治天皇に献上された。    
ルビ:しっかけ てがいかねなが こぐ め

太刀をもっと見る

尻懸則長をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

太刀 / / / 鎌倉

関連作品

チェックした関連作品の検索