文化遺産オンライン

振袖 淡紅平絹地薊菊模様

ふりそで うすべにへいけんじあざみきくもよう

作品概要

振袖 淡紅平絹地薊菊模様

ふりそで うすべにへいけんじあざみきくもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

平絹に友禅染

身丈146.0 裄60.0

1領

浅葱(あさぎ)色に染めた州浜(すはま)形の内に、簡略化された線と形で薊と菊を糊置きし、墨色や藍色といった地味な色彩で染めた、いわゆる光琳(こうりん)模様。五つ所紋には、かたばみ紋を萌黄(もえぎ)色の絹糸で平繡(ひらぬい)する。町方の若い女性が江戸時代中期に着用した振袖の典型的な一例である。
(h-10-1_20160418)

振袖 淡紅平絹地薊菊模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 染める / 小袖 / 浅葱

関連作品

チェックした関連作品の検索