文化遺産オンライン

神歌抄/毛詩並毛詩正義大雅残巻(紙背)

しんかしょう

作品概要

神歌抄/毛詩並毛詩正義大雅残巻(紙背)

しんかしょう

/ 平安

伝源信義筆

平安時代・10~11世紀

紙本墨書

1巻

重要文化財

神楽歌(かぐらうた)の写本として現存最古のもの。原表紙に「神楽歌信義自筆」と外題(げだい)が書かれ、笛の名手源信義(醍醐天皇曾孫)筆とされる。その確証はないが、書風から、信義とほぼ同時代の10世紀の書写と推定される。裏面には「毛詩並毛詩正義」の残巻で唐時代の写本。

神歌抄/毛詩並毛詩正義大雅残巻(紙背)をもっと見る

伝源信義筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

写本 / / 書写 /

関連作品

チェックした関連作品の検索