かたな 

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 鎌倉  南北朝 

相州貞宗(名物 亀甲貞宗)
鎌倉~南北朝時代・14世紀
1口
銘文:無銘 貞宗
国宝

相州(そうしゅう)鍛冶、彦四郎(ひこしろう)貞宗は五郎入道正宗(ごろうにゅうどうまさむね)の実子とも養子とも伝えられる。鎌倉様式の太刀に磨上(すりあげ)を施したもので、その名は茎(なかご)の指裏(さしうら)に亀甲紋が彫られていることによる。よく約(つ)んだ地鉄(じがね)に、小のたれを基調とした乱刃(みだれば)の刃文(はもん)を焼き、師の正宗と見紛うほどの作風を示している。(050308_h133)(171205_h14)

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀〈無銘貞宗(名物亀甲貞宗)/〉
太刀
太刀

長船長義

刀〈無銘正宗/〉
短刀〈無銘貞宗(名物物吉貞宗)/〉
刀

左安吉

ページトップへ