文化遺産オンライン

カシミヤ・ショール裂

ぎれ

概要

カシミヤ・ショール裂

ぎれ

染織 / その他アジア

制作地:インド・カシミール

18~19世紀

最小23×21.5 最大147×133 大部分は50×40

7枚

一見すると綾織物のように見えますが、実際はたくさんの色糸を用いて緻密に綴織されているのが、カシミヤ・ショールの特徴です。その技術の細かさ、驚くべき手業は、織物の表面よりもむしろ、裏側を見ればわかります。細かい色糸が複雑に往来しているのです。

カシミヤ・ショール裂をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

カシミヤ / ショール / 綴織 /

関連作品

チェックした関連作品の検索