カシミヤ・ショール 赤地ペイズリー棕櫚文様綴織縫い合わせ かしみや・しょーる あかじぺいずりーしゅろもんようつづれおりぬいあわせ

染織 

19世紀
2/2綾組織綴織(一部双糸)
縦145.0 横305.0
1枚

赤色の長方形の基布の中心に黒い円形の裂をはぎ合わせたカシミヤ・ショール。枝葉を広げたアブラヤシ様の文様と大小さまざまなペイズリー文様を配し、その周囲には蛇行する滑らかな曲線文様を赤色、紫色、緑色、水色、茶色の糸で綴織した裂地をはぎ合わせている。カシミヤ・ショールはもとは完全な一枚仕立て織りであったものが、より早く仕上げるために次第に部分をはぎ合わせるようになり、さらに刺繍や絵緯紋織の技法で織られるようになる。本品のように中心に黒い無地の空間を配するショールは18世紀頃から見られるもので、時代が下るに従いその形はより複雑になっていく。本品に表わされた蛇行する曲線や、枝葉を広げた棕櫚文様などは、ヨーロッパで特に好まれたモティーフである。また、ペイズリー文様はシク期(19世紀前半)のものに比べると胴部の膨らみが少ないことなどから、ドグラ期(19世紀後半)の制作と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

カシミヤ・ショール 赤地ペイズリー棕櫚文様綴織縫い合わせチェックした作品をもとに関連する作品を探す

カシミヤ・ショール 赤地ペイズリー花唐草文様綴織刺繍縫い合わせ
カシミヤ・ショール 赤縞地立木ペイズリー文様綴織縫い合わせ
綴帯 連想
綴帯 連想

細見華岳

黄地葱花山形文綴錦残欠
花束人物文様更紗縫合厨子掛
ページトップへ