カシミヤ・ショール 赤縞地立木ペイズリー文様綴織縫い合わせ かしみや・しょーる あかしまじたちきぺいずりーもんようつづれおりぬいあわせ

染織 

19世紀
2/2綾組織綴織(経緯とも双糸)
縦144.0 横330.0
1枚

長方形のカシミヤ・ショール。横方向に8段の矩形を設け、それぞれの中に幹をくねらせた立木文様や、細く引き伸ばされたペイズリー文様、蛇行した曲線、花唐草文様等が織り出されている。対角線上中心には白地に棘状の突起をもった団子繋ぎ状の文様を織り出す。全体の織地は経糸を赤色として、水色、緑色、茶色、白色などの緯糸で文様を表わしている。本品のようにペイズリー文様が長く引き伸ばされて流線状となったりゼンマイ形のペイズリー文様や、中心に鉤爪状の輪郭を呈するねじれまがった形に配するものは、ドグラ期(19世紀後半)の作例に見られる。全体に綴織技術が精巧であり、それぞれの裂地のはぎ合わせ処理も繊細な1枚である。

作品所在地の地図

関連リンク

カシミヤ・ショール 赤縞地立木ペイズリー文様綴織縫い合わせチェックした作品をもとに関連する作品を探す

カシミヤ・ショール 赤地ペイズリー棕櫚文様綴織縫い合わせ
カシミヤ・ショール 赤地ペイズリー花唐草文様綴織刺繍縫い合わせ
綴帯 連想
綴帯 連想

細見華岳

白地立木文様更紗掛布
白地アラベスク壁龕立木文様更紗掛布
ページトップへ