文化遺産オンライン

古今和歌集

こきんわかしゅう

作品概要

古今和歌集

こきんわかしゅう

/ 鎌倉

後伏見天皇筆

鎌倉時代・元亨2年(1322)奥書

紙本墨書

1帖

重要文化財

 元亨2年(1322)4月の巻末奥書により、藤原定家の貞応本の系統になる『古今和歌集』と知られる。能書で数多くの鑑定をしている烏丸光広の跋、及び近衛信尹(1565-1614)の添状があり、いずれも後伏見天皇の宸翰鑑定している。    
ルビ:ていか じょうおうぼん からすまるみつひろ ばつ このえのぶただ そえじょう しんかん(170822_h032)

古今和歌集をもっと見る

後伏見天皇筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

和歌集 / 古今 / わかしゅう / 定家

関連作品

チェックした関連作品の検索