古今和歌集断簡(荒木切) こきんわかしゅうだんかん あらきぎれ

 / 平安 

伝藤原行成筆
平安時代・11世紀
彩箋墨書
1幅

もとは冊子本の『古今和歌集』。この一葉は牡丹唐草文および亀甲文を雲母で摺り出した料紙を用いる。江戸時代、烏丸光広の家臣で能書の荒木素白(1600~85)が所蔵していたため、この名でよばれる。小ぶりの連綿が流麗な仮名である。
ルビ:ぼたんからくさもん、きっこうもん、きら、す(り)だ(した)、りょうし、からすまるみつひろ、のうしょ、あらきそはく、れんめん

作品所在地の地図

関連リンク

古今和歌集断簡(荒木切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和泉式部続集切
和泉式部続集切

伝藤原行成筆

古今和歌集巻二十断簡(関戸本)
古今和歌集断簡(本阿弥切)
古今和歌集 巻第四巻首(筋切)
古今和歌集巻十七断簡(通切)
ページトップへ