和泉式部続集切 いずみしきぶぞくしゅうぎれ

 / 平安 

伝藤原行成筆
平安時代・11世紀
彩箋墨書
1幅

もとは冊子本の『和泉式部続集』の断簡。薄藍地に牡丹文を空摺りにした料紙を使っている。小ぶりの仮名を勢いよくリズミカルに運筆しているが、よく見ると字形は端正であるところから行成筆とされたのだろう。
ルビ:そし、ぼたんもん、からず(り)、りょうし、ちょうどてほん、

作品所在地の地図

関連リンク

和泉式部続集切チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古今和歌集断簡(荒木切)
和漢朗詠集断簡(法輪寺切)
敦忠集切
敦忠集切

伝藤原行成筆

和漢朗詠集巻上(久松切)
村雲切
村雲切

伝寂然筆

ページトップへ