文化遺産オンライン

道済集断簡 紙撚切「あさゆふに」

どうさいしゅうだんかん こよりぎれ あさゆうに

作品概要

道済集断簡 紙撚切「あさゆふに」

どうさいしゅうだんかん こよりぎれ あさゆうに

伝藤原佐理筆

平安時代 11世紀

彩箋墨書

縦22.0 横145.0

1幅

藍漉き染め紙に金砂子を撒いた料紙に、源道済の家集『道済集』の和歌3首を書写した断簡。もとは縦長の冊子本であったと見られる。切名は、筆線が紙撚の形状に似ることから名付けられた。
その書は、連綿が長く連なり、右上がりの細く鋭い筆線である。伝承筆者は藤原佐理であるが、書写年代は、料紙の装飾技法から、11世紀半ばから後半と推定される。

道済集断簡 紙撚切「あさゆふに」をもっと見る

伝藤原佐理筆をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 断簡 / 料紙 / 書写

関連作品

チェックした関連作品の検索