文化遺産オンライン

興風集断簡 名家家集切「はるかすみ」

おきかぜしゅうだんかん めいかかしゅうぎれ はるがすみ

作品概要

興風集断簡 名家家集切「はるかすみ」

おきかぜしゅうだんかん めいかかしゅうぎれ はるがすみ

伝紀貫之筆

平安時代 11世紀

彩箋墨書

縦25.5 横21.1

1幅

重要美術品

かすかに見える飛雲を漉き込んだ料紙に、藤原興風の私家集『興風集』の冒頭を書写した断簡。書写される「はるかすみ」の和歌は、『寛平御時后宮歌合』にも収載される。「名家家集」は、平安朝に活躍した藤原兼輔、藤原興風、源公忠、坂上是則、在原元方、清原深養父の6人の家集を総称したもの。
「名家家集切本」はすべて一筆の書写である。「高野切」第二種(源兼行筆と推定される)に似通った書風で、流麗さと温和な雰囲気を持つ。伝承筆者は紀貫之とされるが、11世紀半ばの書写であると推測される。また、「名家家集切本」の飛雲料紙は、11世紀半ば頃に見られるもので、他の時代には存在しないものである。

興風集断簡 名家家集切「はるかすみ」をもっと見る

伝紀貫之筆をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 断簡 / 書写 / 料紙

関連作品

チェックした関連作品の検索