文化遺産オンライン

兼輔集断簡(名家家集切)

かねすけしゅうだんかん めいかかしゅうぎれ 

作品概要

兼輔集断簡(名家家集切)

かねすけしゅうだんかん めいかかしゅうぎれ 

/ 平安

伝紀貫之筆

平安時代・11世紀

彩箋墨書

1巻

「名家家集切」より『兼輔集』を書写した断簡。「高野切」第二種筆者・源兼行の「関戸本」(和漢朗詠集)と比較すると「は」や「ま」の字の形は酷似しており、兼行の書を習得している様子が見える。ただし、「関戸本」よりも全体に筆線が細いのが特徴。ルビ:こうやぎれ、みなもとのかねゆき、せきどぼん、わかんろうえいしゅう、

兼輔集断簡(名家家集切)をもっと見る

伝紀貫之筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

朗詠 / 和漢 / / 断簡

関連作品

チェックした関連作品の検索