和漢朗詠集断簡(関戸本) わかんろうえいしゅうだんかん せきどぼん

 / 平安 

源兼行筆
平安時代・11世紀
彩箋墨書
1幅

『和漢朗詠集』の断簡で、もとは、染紙を交用した上下二巻の巻子本でした。名称の由来は、愛知の関戸家に伝来したことに因みます。筆管を傾けた運筆(側筆)が特徴的で、「高野切」の第二種と同じ、源兼行(-1023~74-)の筆と推定されています。ルビ:そめがみ、かんすぼん、ひっかん、うんぴつ、そくひつ、こうやぎれ、みなもとのかねゆき

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集断簡(関戸本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

兼輔集断簡(名家家集切)
和漢朗詠集断簡(法輪寺切)
和漢朗詠集巻上(久松切)
和漢朗詠集切
和漢朗詠集切

伝寂蓮筆

古今和歌集巻二十断簡(関戸本)
ページトップへ