文化遺産オンライン

針切「なみたかは」

はりぎれ

作品概要

針切「なみたかは」

はりぎれ

/ 平安

伝藤原行成筆

平安時代・11~12世紀

紙本墨書

1幅

 『重之の子の僧の集』の断簡で、本文の筆致が、針のように細く鋭いところから「針切」と呼ばれる。筆者を藤原行成と伝えるが、筆跡などから11世紀から12世紀初め頃の書写と考えられる。筆勢のある連綿で書写された平安時代後期の古筆の優品である。 

針切「なみたかは」をもっと見る

伝藤原行成筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 書写 / / 断簡

関連作品

チェックした関連作品の検索