文化遺産オンライン

雲龍填漆托

うんりゅうてんしつたく

作品概要

雲龍填漆托

うんりゅうてんしつたく

漆工 / / 中国

「大清乾隆年製」銘

制作地:中国

清時代・乾隆年間(1736~95)

高9.9 ; 酸漿 口径9.0 ; 羽根 径19.1 ; 高台径10.0

1個

銘文:「大清乾隆年製」銘

器体にやや厚めに漆を塗り、刀で形を彫ったところにさまざまな彩漆を嵌(は)め込んで文様をあらわしたものを填漆(てんしつ)といいます。清時代に作られた填漆の作品中、優れた作行で、保存状態も良好です。文様と作風が共通する椀が、北京の故宮博物院に伝わっています。

雲龍填漆托をもっと見る

「大清乾隆年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

隆年 / / / Qing

関連作品

チェックした関連作品の検索