和同開珎鋳型 わどうかいちん(ほう)いがた

金工 / 奈良 / 山口県 

出土地:山口県下関市出土
奈良時代・8世紀
土製
3個

古代には鋳銭司(じゅせんし)と呼ばれる銭貨を作る役所がありました。山城国、周防国、長門国などに置かれていたと考えられます。土製の鋳型は加工しやすく、原形を型抜きすることができるなどの特徴がありますが、壊れやすく残りにくいため、本例は大変貴重な例といえます。

作品所在地の地図

関連リンク

和同開珎鋳型チェックした作品をもとに関連する作品を探す

周防鋳銭司跡
六区袈裟襷文銅鐸
火熨斗
須恵器 𤭯
扁平鈕式銅鐸
ページトップへ