一行書「東閣涼如水」 いちぎょうしょ とうかくのりょうみずのごとし

 / 南北朝 

雪村友梅筆
南北朝時代・14世紀
紙本墨書
1幅

 越後(えちご)の人で、建仁寺(けんにんじ)の住持。一山一寧(いっさんいちねい)に参禅。18歳で入元し、留まること23年に及んだが、その途次投獄(とうごく)。流謫(るたく)の難に遭った。五山文学者としても名高く、詩集語録等を残している。正平元年(1346)57歳で没した。宋の蘇轍が兄蘇軾と別れる際に詠んだ「逍遙堂会宿二首」中の一句。

作品所在地の地図

関連リンク

一行書「東閣涼如水」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

都尉節使あて尺牘
一山一寧墨蹟 進道語
慈円筆 懐紙
行書王史二氏墓誌銘稿巻
牧牛図(十牛図)
牧牛図(十牛図)

一山一寧賛

ページトップへ