文化遺産オンライン

瑠璃地扇面形水滴

るりじせんめんがたすいてき

作品概要

瑠璃地扇面形水滴

るりじせんめんがたすいてき

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・19世紀

磁質

高2.8 長径9.3

1口

朝鮮時代の支配階層である両班(ヤンバン)の男性は、舎廊房(サランバン)とよばれる書斎を生活および社交の場とした。文人の書斎に欠かせない文房具の一つである水滴にはさまざまな工夫がこらされ、とくに朝鮮時代後期には、変化に富んだ器形の水滴がさかんに作られた。

瑠璃地扇面形水滴をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

朝鮮 / Joseon / 水滴 / バン

関連作品

チェックした関連作品の検索