文化遺産オンライン

西湖春景銭塘観潮図屏風

せいこしゅんけいせんとうかんちょうずびょうぶ

作品概要

西湖春景銭塘観潮図屏風

せいこしゅんけいせんとうかんちょうずびょうぶ

絵画 / 江戸

池大雅筆

江戸時代・18世紀

紙本淡彩

(各)166.5×371.0

6曲1双

重要文化財

 右隻の西湖は林和靖@りんなせい@ら文人ゆかりの湖。岩山が円環状に取り囲む構図が独特だ。左隻は銭塘江@せんとうこう@の河口で満潮が河水に衝突し起こる海嘯@かいしょう@見物を描く。余白に刷かれる藍・黄・桃色の波線が美しく潮流を表わす。浙江省杭州@せっこうしょうこうしゅう@二つの景勝地の競演で、大雅の造形力に脱帽だ。

西湖春景銭塘観潮図屏風をもっと見る

池大雅筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 屏風 / / 西湖

関連作品

チェックした関連作品の検索