文化遺産オンライン

観音三十三応身図

かんのんさんじゅうさんおうじんず

作品概要

観音三十三応身図

かんのんさんじゅうさんおうじんず

絵画 / 室町

室町時代・15世紀

絹本着色

128.7x185.4

1幅

画面を3つの区画に分け、中央に十一面観音菩薩立像を、左右には『妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五』*みょうほうれんげきょうかんぜおんぼさつふもんぼん*に基づき、観音が人々を救うために現わす32の化身の姿を描いている。多方面の霊験利益*れいげんりやく*を期待する観音信仰のあり方を反映した図様である。(2013年度「保存と修理」展

観音三十三応身図をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

観音 / 菩薩 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索