文化遺産オンライン

芥子

けし

作品概要

芥子

けし

絵画 / 大正

小林古径筆

大正10年(1921)

絹本着色

164.2×99

1幅

 古径の画室の庭に咲く芥子を、濃墨による強い描線の上に薄く何度も色を重ねて描く。大正時代後期の写実主義的な傾向を強く示す作品である。古径は、やまと絵や琳派など、日本の古画を徹底的に研究し、線描の美しさと卓抜した色彩感覚で画面を構成する。  (2007/05/08_h18)

芥子をもっと見る

小林古径筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古径 / 作品 / 描く / 色彩

関連作品

チェックした関連作品の検索