文化遺産オンライン

瑪瑙金魚

めのうきんぎょ

作品概要

瑪瑙金魚

めのうきんぎょ

陶磁 / / 中国

制作地:中国

清時代・19世紀

瑪瑙

長さ62

1連

15匹の金魚が1本の糸で繋がれています。瑪瑙を彫り出した金魚はいずれも目玉が大きく、体はまるまるとしてどこかユーモラスな姿をしています。金魚は「魚(yu)」の音が「余」に通じることから、富を象徴する吉祥の魚として好まれています。

瑪瑙金魚をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

金魚 / 瑪瑙 / めのう / Goldfish

関連作品

チェックした関連作品の検索