後陽成天皇宸翰和歌懐紙 ゴヨウゼイテンノウシンカンワカカイシ

 

縦:37.9cm 横:51.8cm
1幅

後陽成天皇(1571~1617)は、正親町(おおぎまち)天皇の王子誠仁(さねひと)親王の第一王子。父が早世したため、祖父正親町天皇の跡をついで天皇となった。その宸翰は気品あふれるなかにも筆鋒鋭く、独自の境地を示す。和歌は細川幽斎に師事したと伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

後陽成天皇宸翰和歌懐紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

正親町天皇宸翰和歌懐紙
霊元天皇宸翰和歌(詠梅近聞鴬)
後鳥羽天皇宸翰熊野懐紙(山河水鳥旅宿埋火)
紙本墨書正親町天皇宸翰女房奉書(理性院宛)
後西天皇宸翰御懐紙(詠春動物和歌)
ページトップへ