後鳥羽天皇宸翰熊野懐紙(山河水鳥旅宿埋火) ゴトバテンノウシンカンクマノカイシ(サンガミズトリタビノヤドウモレビ)

その他の画像全3枚中3枚表示

 

縦:31.6cm 横:47cm
1幅
重要文化財

【京のかたな展】 特別展時タイトル:熊野懐紙 後鳥羽天皇宸翰 後鳥羽天皇(一一八〇~一二三九)の和歌懐紙。熊野三山に参詣の途次、 近臣たちと催した和歌会の懐紙は「熊野懐紙」とよばれる。線の強弱、墨の濃淡 を駆使し、和様の豊潤さと法性寺流の鋭さをみごと融合させ、自分なりに昇華している。

作品所在地の地図

関連リンク

後鳥羽天皇宸翰熊野懐紙(山河水鳥旅宿埋火)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

著到懐紙(五月雨晴)(中ニ後柏原・後奈良天皇ノ宸翰アリ)
和歌懐紙(熊野類懐紙) 
太刀 銘(菊紋)菊御作
後土御門天皇宸翰懐紙(関路霞・梅薫風・名所河)
熊野類懐紙  「花有歓色」
ページトップへ