Kumanokaishi

熊野懐紙

Details

Kumanokaishi

熊野懐紙

/ 鎌倉

源家長

みなもとのいえなが

鎌倉時代初期/1200年

愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

重要文化財

 13世紀初め頃、後鳥羽上皇は側近を連れ熊野に参詣し、その道すがら歌会を催している。その際に各歌人が2つの題に沿って詠んだ2首を、署名とともに自筆で懐紙に書いたものが「熊野懐紙」である。
 本書は正治2年(1200年)12月6日滝尻王子で披講されたもので、源家長によるものである。
歌題は「山河水鳥」と「旅宿埋火」である。

Related Works

Search items related to work chosen