藤原重輔筆懐紙(たちいつる) ふじわらのしげすけひつかいし

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 中部 

石川県
鎌倉
紙本墨書
縦30.6㎝ 横50.4㎝
1幅
金沢市立中村記念美術館 石川県金沢市本多町3-2-29
重文指定年月日:20090710
国宝指定年月日:
登録年月日:
金沢市
国宝・重要文化財(美術品)

本懐紙の詠者藤原重輔は後鳥羽院の廷臣である。歌題を「詠餞遊女和歌(遊女に餞して詠める和歌)」とする一首懐紙「たちいつるなみたのかはにおふねうけてはるかにくたすたひをしそおもふ」の優品で、遊女への餞別として詠まれた珍しい和歌であり、当座の様子がしのばれる。小振りな文字で三行に書写されており、その筆致は端正な雰囲気を伝える。重輔の現存唯一の筆跡を伝えるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

藤原重輔筆懐紙(たちいつる)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

平家重筆懐紙(ふねのうち)
春日懐紙(紙背春日本万葉集)
寂蓮無題百首
元久元年北野宮歌合
手鑑(後鳥羽天皇宸記以下二百一葉)
ページトップへ